素人が名刺のテンプレートから名刺を作るべきでない三つの理由

無料の名刺のテンプレートだけでは素人に難しいことが多い

簡単に名刺のデザインが手に入ったら嬉しいですよね?もちろん、無料の名刺のテンプレートはゴマンと存在しますが、名刺美術館ではオススメしておりません。その理由をデザイナーの立場からご紹介します。

1専門的なソフトを使う必要がある

世の中には多くの名刺の無料のテンプレートが存在します。無料のテンプレートには二種類あります。まず、一般的なワードのような簡単なソフトを利用してデザインができるものと、プロフェショナル用のソフトを使うものの2点があります。前者の場合は、ご自身でデザインができるというメリットがありますが、どうしてもフォントや文字の間隔等で見劣りしてしまいます。名刺のデザインで重要なのは、いかに少ない要素で綺麗なデザインに見せるのかということです。しかしながら、ワードのようなソフトだと、レイアウトの微調整が難しく、整然としたデザインが難しいことが問題です。ですので、名刺美術館としては、きちんとレイアウトが組める専門的なソフトを使用したデザインを進めております。

次に、後者の場合です。専門的なソフトウエアを使用するのには(イラストレーター等)の場合、初期費用がかかりすぎてしまうことが欠点です。総合的に考えた場合プロフェッショナルに頼んだ方がコストパフォーマンスに優れているというのが結論です。

2専門的な知識がないと印刷屋さんで対応していただけないから

名刺のデザインをする上で必要なノウハウとしてアウトライン化とトンボ、そしてCMYKというものがあります。これらの知識をしっかり叩き込まないと、ただデザインを作っただけでは、印刷ができないのです。

アウトライン化というのは、文字データを文字ではなく描画データに変換する必要があります。その理由としては、相手が自分の指定したフォントを持っていない場合に適当なフォントに置き換わってしまい外観を損なってしまうからです。

次にトンボですが、印刷をする場合塗り足しをする部分の余白を作る必要があります。これは、一枚の紙からベタ塗りの名刺をカットする場合に、余分に色をつけておかないと、裁断のずれで色が入らないケースがあるからです。

CMYKというのは、色の表示の方法の一つです。パソコンの画面の色と印刷する際の色の出力の方法が異なります。パソコンの画面の色に関しては、光の三原色を用いているのですが、印刷するときの三原色はさらに三原色に加えて、黒を使うわけです。ですので、名刺をデザインするときには、印刷用の色の形式で名刺を作成する必要があるのです。

3デザインがかぶる

これは単純で、多くの人がかっこいいデザインを欲しているので、検索でヒットするかっこいい名刺のテンプレートや、シンプルな名刺デザインのテンプレートは何百人もの人が利用しているのでかぶる可能性が非常に高いわけです。たとえ、部分的にオリジナルのデザインにしたところで、素人デザインとわかってしまうレイアウトとなってしまい、そのもののかっこよさが損なってしまうのです。

4どうしても無料の名刺のテンプレートを使いたい

というお客様の場合はご自身の身近でデザインをしてくださる方を見つけるのが最もコストパフォーマンスがいいということになります。名刺美術館にはそのようなデザイナーガ多く在籍しております。のでもしご興味があられればご活用ください。

レビューがありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

The message will be closed after 20 s
Ajax Loading