おしゃれな名刺、シンプルな名刺や、変わった名刺は名刺美術館

名刺デザインの料金の相場と分析

料金と用途によって名刺デザインサービスを使いわけましょう!

名刺デザインサービスは以下、三つの分類ができると思います。相場と聞かれて、タイプを分類しない相場は、きちんと調べられてないな、と思います。

 

  • 『オンラインのデザインコンペでデザインを選ぶタイプ』 3万円-6万円
  • 『オンラインの名刺デザインのテンプレートを選ぶタイプ』 2千円-1万円
  • 『自分で名刺を作成タイプ』無料-4千円
  • 『個人デザイナーに依頼するタイプ』2万円以上

『オンラインのデザインコンペでデザインを選ぶタイプ』料金相場3万円-6万円

 

たくさんのデザインから選べるのはいいことですよね。ところが、デザイナーの交流会で聞いた話ですが、名刺を作るときにコンペに落ちる確率の方が断然高いので、そのリスク管理のために、デザインを作りためておいて、募集があり次第微調整するだけです。文言では、〇〇をイメージしましたなどと書いてますが、言葉ではなんでもかけてしまいます。そのデザインにどんな意味があるのか伝える部分を一緒に作る、このことがデザインを頼む方に求められることです。最初からデザインができてるのは、少し雑かなと名刺美術館としては考えます。

メリット:

たくさんのデザインから選べる。かっこいい名刺もある。

デメリット:

デザインを最初から一緒に作れない

使い回しでブランドコンセプトが反映されづらい

フォントの種類が少ない

 

『オンラインの名刺デザインのテンプレートを選ぶタイプ』料金相場 3000円-7000円

 

デザインが早いので、急に必要になった場合がおすすめです。ですが、最も早いのは、近くの印刷屋さんに行って、その場で作ってもらうことです。しかも、その場合マンツーマンですし、プロに頼めるわけなのでそちらがおすすめです。オススメの名刺デザイン等で表示されているものをお客様としては選びがちです。ちなみにですが、おすすめにしている理由は、デザイナー的な観点ですが、レイアウトが楽なだからです。名刺やロゴというものは、仕事の顔に当たる部分なので本当に急いでいるいるとき以外は、しっかり作り込むべき部分です。何故ならば会社の顔に当たる部分ですから。

メリット:

デザインが早い

デメリット:

被る、かっこよくない、使い回しでブランドコンセプトが反映されづらい

フォントの種類が少ない

『自分で名刺を作成するタイプ』料金相場 無料-4千円

本当に急いでいる人や、自分でデザインができてしまう人にオススメです。センスがいい人が作るとかっこよくなります。ただ、紙質は本当に重要なので、しっかりした印刷屋さんに頼むことをオススメします。

メリット:

デザインがとても早い、安い

デメリット:

フォントの種類が少ない

個人デザイナーに依頼するタイプ』安くて2万円程度、平均は3万円

個人デザイナーに頼むことをオススメする理由は、お客様のことをしっかり”事前に”知った上であなただけの名刺のデザインを作ってくれるからです。しっかり、触った感じも、デザインも、コンセプトも提案してくれるようなデザイナーを探してください。

メリット:

かっこいい名刺を納得いくまで作ってくれる

一緒に草案を起こすところから作れる

デメリット:

SEOが弱く、デザイナーのHPを探すのが大変

個人なので、フォントの種類が少ない

 

多くのデザイナーと芸術家を擁している名刺美術館も、値段でも負けていません!

レビューがありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

The message will be closed after 20 s
Ajax Loading