インパクトのある名刺をデザインするためのコツ

インパクトのある名刺を作るためののTIPSを紹介します。インパクトの与える名刺のデザインにするためには、デザイナーさんに特徴を伝える必要があります。その特徴をしっかり把握した上で、名刺を注文しましょう。

インパクトを与えるための前書き

名刺のデザインは、多くの場合、見込み客や仕事の顧客や仕事の仲間に対して与える印象を左右します。名刺は最初に与える印象であり、また、受け取った後にあなたのことを思い出すための印象でもあります。したがって、あなたのビジネスカードは4つの要素を念頭に置いて設計することが重要です。

余白は多めにとり、伝えたいメッセージをしっかり考える

会社やサービスに関するすべての情報を名刺に詰め込見すぎることをやめましょう。詰め込みすぎは、混乱を招く要因です。短いメッセージ、印象的なメッセージで製品やサービスを伝えることを考えましょう。

ブランドイメージを明確化しよう

プロフェッショナルであること。それは、金融業界の場合は、コンサバなデザインにすることであり、ベンチャー企業といったハイテク産業を扱う名刺では、最先端のイメージを伝える必要があります。さらに、グラフィックアーティストのような業種であれば、色やデザインをより効果的に意識して、創造性を作る必要があるでしょう。よくある名刺のデザインとして名刺に記載された会社名とロゴは、会社が何をしているのかが伝わらないものがあります。多くのビジネスマンは、会社が何をしているのか、またどの業界にいるのかを明確に示さない名刺デザインを使っています。名刺のイメージやテキストは、あなたが提供する商品やサービスを簡単かつ明確に伝えるためにこだわる必要があります。

紙の質と自らのブランドイメージを直結させること

異なる品質の紙に印刷すると、同じ名刺でも印象の与え方が大きく異なる場合があります。肌触りのいい名刺は他との違いを伝えるので、投資会社や裕福な顧客が多いビジネスパーソンが使用します。ファッション業界の人々は、光沢のある紙を使用することがおいです。厚さのある紙なのか、光沢のある紙なのか、真っ白な紙なのか、生成りにするのか。伝えたいイメージによってしっかり印刷屋さんに相談することが重要です

一貫したイメージで

会社や、サービスの全体的なブランドイメージをしっかり把握させることが必要です。ウェブページや企業パンフレットに対して、強固な企業イメージを一貫してブランド化すると思いますが。実は、名刺がこのブランドに一貫性を持たせるための重要な部分です。しっかりデザイナーに対してブランドイメージを伝えることでしっかりしたデザインを作成することができます。

The message will be closed after 20 s
Ajax Loading