個人事業主の名刺デザインの作り方

個人事業主が名刺を作る上で大事なことは何か。

名刺デザインでお悩みでありませんか?もしお悩みであるならば、ぜひこの記事を見て名刺のデザインをどのように作っていくのかしっかり吟味しましょう。

自分で商売をする上で、名刺の役割は非常に大きいと思います。
個人事業主の名刺のデザインをする上で大切なことを書きます。

名刺美術館も個人事業なのですが、名刺デザインをする上で大切なことを考えて見ました。

0 自分の商売の強みは何か。ブランドイメージは何かをしっかり考えること。

前提条件として、個人事業であるお客様のご商売が何を強みとして、どういった印象を与えたいのかを言葉で表せる必要があります。闇雲に名刺のデザインがかっこよかったとしても、その中身が何なかったらコンバージョンは低いままです。そこで、あなたのご商売がどのようなイメージの元で行われているのかをしっかり把握した上で、名刺デザイン(だけではなく、webサイトの構築等)を行う必要があります。では、どのように強みを見つけていくのか。それはマーケティングの手法が役に立つことでしょう。具体的には『SWOT分析』や『STP分析』といった手法を用いて、1誰に対してどんな商品を売りたいのか 2その商品はどうしてそのお客様に刺さるのかをしっかり理解しましょう。

 

1自分の商売が何であるのかが一発でわかること

個人事業主に足りないのは、ネームバリューです。大手の企業でしたら、名前を聞いたらどんな仕事をしているのか容易に想像がつきますが、個人事業主ではそうではありません。そこで、名刺交換したときに、『〜〜をされているのですか?』とすぐに理解してもらえるような名刺を作ることが重要です。それは、肩書きや、デザイン、またwebサイトとのシナジーを効果的に考えて伝えることでカバーできます。具体的には肩書きで、自分の商売が伝わるような肩書きにすること、また、デザインではその職業を象徴するようなモチーフを作ること。また、webサイトにアクセスしたくなるようなギミックを施すことです。%e3%83%a2%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%972

おしゃれな名刺デザイン

2同業者よりも魅力的な名刺であること

あなたの名刺が仕事につながるかどうかは、あなたの知っている同業者の名刺を並べてみればわかります。並べたときに名刺デザインが目を引くようなものである必要があります。デザインだけではなく、触った質感等も重要です。『他の事業者とは違うな、電話してみよう!』そう思えるような名刺のデザインを作り上げるためには、同業者の名刺と自分の名刺を比べて友人やお知り合いに率直な意見をもらうといいでしょう。そのためには、名刺デザインやホームページ等しっかり作り込む必要がありますが、まずはファーストアクションとしての名刺デザインもしっかりこだわることで、ビジネスでのコンバージョンを高めることが可能になります。

 

 

レビューがありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

The message will be closed after 20 s
Ajax Loading