クールでスタイリッシュなデザインの名刺が欲しいあなたへ。

クールでスタイリッシュな名刺な欲しい人に送る言葉

ファッションと同じで、どうせ身につけるのであれば、カッコよくてスタイリッシュな名刺を持ちたいと思いますよね?そこで、何を考えればスタイリッシュな名刺が出来上がるのかを整理してみましょう。服を選ぶときと同じで、誰が作った服で、整然とした統一感があって、どんなディテールであるのかということを考えた上で身につける必要があるようです。

 

1プロフェッショナルに依頼すること

安かろう悪かろうという言葉があるように、よほどのスキルがない限り全て自分でこなすのは、結果的に時間がかかってしまいます。時間がかかるということは、時間という限られたリソースを無駄にしてしまうということです。デザインで時間がかかってしまっていることを他のことに時間を活用することで、あなたのビジネスを加速させることもできますし、クールでかっこいい、仕上がりもバッチリなものが手に入ります。

2多くを伝えようとしすぎないこと

ファッションでもそうですが、ごちゃごちゃしているのそれは『かっこいい』ではなく『雑多とした』イメージになってしまいますよね。それは、どんなデザインにおいても言えることで、自分が伝えたいことをいかに少ない言葉やデザインで伝えられるのかということが大切なのです。まずは、あなたが名刺交換をしたときに、相手に何を伝えたいのか17文字程度で考えましょう。17文字というのは俳句の文字数です。俳句は短いもじで、何を伝えるのかをしっかり伝えられます。あなたが伝えたいことは果たして何なのか17文字程度に書き起こすことで、あなたの伝えたい商売のイメージを短く設定できることでしょう。

3デザインだけではなく、紙にこだわること

デザインで重要なのはデザインで作り上げる過程だけではなく、仕上げです。名刺デザインにおいての仕上げとは、いうまでもなく印刷することです。ペラペラな紙に印刷するのか、それとも少し厚めで風合いのある紙に印刷するのかで、どこまで名刺デザインにこだわったのかがわかります。クールでかっこいいかどうかはどのような紙に印刷するのかにかかっています。個人的にオススメなのはレザックやヴァンヌーボというった綺麗な紙に印刷することです。どのような紙を用意しているのかは、印刷業者によって異なります。どの業者がどの紙で印刷できるのかという記事を今度お届けいたしますので、どうぞ楽しみにしてお待ち下さいませ。

レビューがありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

The message will be closed after 20 s
Ajax Loading